アマモの種を選別 

7月24日(月)に、水槽の中で枯れ始めているアマモの様子を見にいきました。

 

そして、9月2日(土)は、

水槽に入れたアマモちゃんは、枯れきっており、

花枝からは、種が水槽の底に落ちている状態となりました。

 

本来、自然界に生えているアマモちゃんの種は、

海底の砂地に落ちて、少し、土の中でお休みしており、冬から春にかけて芽を出していくのです。

 

今回は、

 

☆水槽の下にたまっている種を拾い集めること

☆拾った種をピンセットで集めること

☆集めた種を保管していくこと

 

を実施しました。保管した種は、12月か、来年の1月に種うえをして、

鹿島様の水槽である一定の大きさまで育てて、来年、西浦に植える予定です。

 

それでは、9月2日(土)のアマモちゃんの様子を

上重泰秀(じょうじゅう やすひで)カメラマンの写真と共に報告したいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DSC_7925.jpg

海創造プロジェクトを海さくら社員や、海さくらスタッフと共有するために、

なるべくみんなを連れて行きました。

まずは、山木さんから、再度、アマモについて、教えていただきました。

 

DSC_7930.jpg

 

DSC_7935.jpg

採ってきたアマモちゃんの水槽を覗きこみました。

 

DSC_7937.jpg

山木さんです。

 

DSC_7938.jpg

さぁ、アマモちゃんは、どんな状態になっているのか!?

 

 

DSC_7939.jpg

あの緑色のアマモちゃんは、腐って海底に溜まっていました。

 

DSC_7940.jpg

この水槽の底に本当に種があるのだろうか!?

この時点では、わかりません。不安がありました。

 

DSC_7947.jpg

上記の2段になっている特殊なザルで、水槽の海水を抜きながら、このザルで種を集めます。

 

DSC_7948.jpg

ザルが2段になっているのは、大きなゴミを上段でキャッチし、下段でアマモの種をゲットするためです。

 

DSC_7949.jpg

 

DSC_7951.jpg

上段部分のザルです。網目が大きいのです。

 

DSC_7953.jpg

上段のザルの編み目

 

DSC_7954.jpg

下段のアマモちゃんをキャッチする編み目。細かいですよね。

 

 

DSC_7956.jpg

ホースをつかい、水槽の水をザルに入れていきます。

 

DSC_7957.jpg

竹ちゃん先生も少し興奮気味!笑

 

DSC_7958.jpg

 

 

DSC_7959.jpg

大きなものは、大きな網ですくい上げます。

 

DSC_7961.jpg

 

DSC_7970.jpg

 

 

DSC_7986.jpg

大きな網を持つと、私、少しイタズラをしたくなったのですが、抑えました。

海さくら社員たちを捕まえようとしました。でも、我慢しました。もう大人だから・・・

 

DSC_7992.jpg

大きな網では、このようなアマモの大きな部分をとったのです。

 

DSC_7996.jpg

とても愛着があるアマモちゃんの種が一粒でも見逃さないように、最後の最後までホースで

水槽の底をなめるように海水を吸い上げ、ザルに海水を送りました。

 

DSC_8000.jpg

ナメクジみたいな、海牛くんも発見!!

かわいいのです。

 

DSC_8002.jpg

 

DSC_8006.jpg

 

DSC_8010.jpg

 

DSC_8018.jpg

 

DSC_8021.jpg

私の手の甲の毛、通称:手毛(てげ)を海底の森と間違えたミニチュア海牛くんは、

気持ちよさそうにしていました。そして、よく私を見ては、お辞儀してくれたのです。

 

DSC_8027.jpg

こんにちわ!って言っているみたいですよね。笑

 

きゃわいいーーーーーー!!笑

 

DSC_8033.jpg

途中から水槽の海牛探しを始める女性陣!!

 

DSC_8035.jpg

 

 

DSC_8047.jpg

アマモの種はあるかな〜!?

 

DSC_8055.jpg

 

DSC_8057.jpg

たーーーーくさん、入っていました!!

 

DSC_8060.jpg

わぁーーーー!!少しわざとらしい表情で、すみません。

でも、本当にうれしかったです。

 

DSC_8069.jpg

海水でアマモの種を一粒も残さずに、集めます。

 

DSC_8072.jpg

 

DSC_8076.jpg

 

DSC_8079.jpg

みんな真剣!!

 

DSC_8080.jpg

 

 

DSC_8084.jpg

 

DSC_8089.jpg

 

DSC_8095.jpg

集めたアマモの種を覗きこんでいます。笑

 

DSC_8096.jpg

アマモの種以外のものも入っているので、これをピンセットで種だけを採取するのです。

 

DSC_8098.jpg

 

 

DSC_8103.jpg

 

 

DSC_8104.jpg

 

DSC_8107.jpg

 

 

DSC_8110.jpg

 

DSC_8118.jpg

 

DSC_8120.jpg

種わかりますよね?黒いお米みたいなものが、アマモの種です。

 

DSC_8123.jpg

ピンセットで種だけ取ります。

 

DSC_8124.jpg

 

DSC_8125.jpg

 

DSC_8127.jpg

 

DSC_8128.jpg

 

DSC_8129.jpg

 

DSC_8130.jpg

けっこう楽しいのです。真剣になりますし、無心になります。

よーく見ると、ゴカイの赤ちゃんや、気持ちが悪い奇妙な生き物もいるのです。

面白すぎです。こんな世界でも必死に生きている生き物がいるのです。

 

DSC_8132.jpg

 

DSC_8134.jpg

 

DSC_8135.jpg

 

DSC_8139.jpg

 

DSC_8140.jpg

 

DSC_8141.jpg

 

DSC_8146.jpg

 

DSC_8147.jpg

 

DSC_8149.jpg

 

DSC_8155.jpg

 

DSC_8157.jpg

 

DSC_8158.jpg

 

DSC_8159.jpg

 

DSC_8162.jpg

 

DSC_8167.jpg

 

DSC_8171.jpg

気持ちが悪い生物を発見!!それをぶん君にあげようとしました。

 

DSC_8170.jpg

 

DSC_8173.jpg

 

DSC_8174.jpg

喜んでいるのか!?嫌がっているのか!?

とにかく楽しかったです。

 

DSC_8178.jpg

 

DSC_8179.jpg

 

DSC_8180.jpg

 

DSC_8181.jpg

 

DSC_8182.jpg

 

DSC_8185.jpg

 

DSC_8186.jpg

 

DSC_8193.jpg

 

DSC_8200.jpg

 

DSC_8201.jpg

みんなで集めたアマモの種を一つのシャーレにまとめます。

 

DSC_8207.jpg

 

DSC_8209.jpg

 

DSC_8215.jpg

アマモの状態を顕微鏡で確認!!

 

DSC_8216.jpg

 

 

DSC_8217.jpg

 

DSC_8218.jpg

 

DSC_8224.jpg

 

DSC_8226.jpg

アマモの種を海水に再度入れると、元気のないアマモの種は浮いてきてしまうのです。

 

それを取り除きます。

 

DSC_8232.jpg

 

DSC_8234.jpg

 

DSC_8235.jpg

 

DSC_8237.jpg

 

DSC_8239.jpg

 

DSC_8242.jpg

 

DSC_8248.jpg

下に残ったアマモを保管します。

 

DSC_8251.jpg

 

DSC_8252.jpg

保管完了!!これで、少しアマモの種ちゃん鹿島さんで、しばらく

「おやすみ」してもらいます。

またね!!

 

DSC_8257.jpg

アマモがすでに植えてある水槽の見学!!

 

DSC_8263.jpg

山木様、鹿島の皆様、ありがとうございました。

 

こうして、無事に種を採取でき、選別することができました。

 

種うえのときは、みなさんと一緒に実施したいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

archives

links

search this site.