アマモの種の観察

先日(7月6日)にアマモの花枝を採りにいき、

鹿島建設(株)技術研究所 葉山水域環境実験場の山木さんのところに

運びました。

 

そして

本日、2017年7月24日(月)に

水槽に入れた「アマモちゃんの花枝」を観察に行ってきました!!

 

海水を循環させている水槽で、

花枝は枯れ始めており、種が水槽の底に落ちます。

 

本来は、海底の砂地におち、波により土の中に入り、

寒くなってきたら、芽を出すのです。

 

色が緑から、変化していますよね。

 

 

緑色していたアマモちゃんが、枯れています。これでいいのです。

 

海水が出ていますね。

 

花枝には雄蕊もあるようです。それがこれです。わかりにくいですね。すみません。

 

 

 

 

水槽の底の種をチェックです。

 

あるかな〜!?

 

あった〜!!

 

 

 

きゃわゆい!!スギョイ!!笑

 

 

 

 

 

 

顕微鏡でみると、アマモの種は横にしま模様があります。

これがあることで、波にゆられ、土の中に埋まっていくのです。

 

9月上旬に

水槽の下にたまった種を集めにいきます。

 

またその日は、コチラのブログでご案内しますね。

みんなで種を集めて、そして、育てましょうね!!

 

もうアマモちゃん、かわいい!!笑


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

archives

links

search this site.