3代目アマモの種を採集しました!!

201992日(月曜日)

 

2代目アマモは、順調に育ち、コウイカが僕らの作ったアマモ場にタマゴを産んでくれて、

イカに認められるような、藻場をつくることができました。

しかし、今年2019年の夏に、おそらく波浪により僕たちの育てたアマモ場はなくなってしまいました。

 

本当に悲しかったです。

 

でも3代目アマモを育てていました。

 

2018年6月27日(水)に、葉山の真名瀬でとれたアマモを水槽で腐らせて種が落ちるのを待ち

2018年7月31日(火)に、種を選別し、

2018年12月18日(火)に汗バウンドと一緒に種まきをし、

2019年1月11日(金)に杯軸が出はじめているのを確認でき

2019年2月15日(金)に順調に育っていることを確認し、

2019年3月19日(火)に室外のアマモの成長が遅いことを確認し、

2019年4月11日(木)再度、成長を観察し、

2019年4月24日(水)に室外のアマモを室内に入れ

2019年7月30日(火)に成長し、大きくなっている3代目アマモのメンテナンスを実施・花枝があることを確認・伸びきった

アマモを光合成が出来るようににカット

 

そして、今回、3代目アマモの花枝の種を採集するために、いつもお世話になっております葉山の鹿島建設の研究所に行ってきました。

 

3代目アマモは現在 131ポットあり、

1ポットに平均2株のアマモが生えています。

 

266株のアマモが育っているのです。

(室内83ポット 181株 1ポット平均2株  ・  室外から室内48ポット 85株 1ポット平均1.7株)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2.jpg

最初の印象は、前回、アマモの長さを調整したので、3代目の室内育成も室外育成も、

水槽内はスッキリしていてアマモも気持ちよさそうでした。

 

3.jpg

前回採取した種のついた花枝、こちらも新鮮な海水をかけ流ししてくれました。

見づらいのですが、水面に浮遊している種のついたアマモの花枝から、下に種が落ちてます。

汗バウントのマーティンと、アレクサンダー。いつもありがとうございます。

 

 

5.jpg 

 

 

6.jpg

 

7.jpg

3代目アマモの種は、ホースを使ってサイフォン式で下の網のついたザルに採集しました。

 

8.jpg

 

9.jpg

鹿島建設の山木様、いつもアマモのお世話や色々と準備してくださりありがとうございます。

 

ザルからバットに移して、ピンセットで採集していきます。

10.jpg

 

11.jpg

 

12.jpg

 

14.jpg

 

15.jpg

 

13.jpg

 

採集した3代目アマモの種。

マーティン81粒、アレク75粒 合計156粒の種が採集できました。

 

 

17.jpg

 

18.jpg

 

19.jpg

 

今年は近隣の海岸でもアマモが少なく、とても貴重なアマモの種を取ることができました。今やっているこの水槽のアマモを育て、育てたアマモの種を返してまた育てることは

あまり前例がないことのようです。色々ありますが継続していきたいと思いました。

 

今日は、種の採集以外に、前回長さ調整の為切り取り天日乾燥させていたアマモを

肥料にする為に細かく粉砕しました。

 

20.jpg

 

21.jpg

 

 

22.jpg

 

23.jpg

 

この肥料は、アマモを育てる際に、ポットに肥料を入れたものと入れないもので成長を観察したいと

思います。

(磯のいい香りがして、ふりかけにできそうでした)

24.jpg

 

 

 

25.jpg

 

26.jpg

今後は、3代目アマモの種をアマモの肥料(有無)使って植えるなど、また報告いたします。

ご覧いただきありがとうございました。

 

記:諏訪

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

archives

links

search this site.