アマモがすべてなくなった・・・

2019年7月23日(火)

 

エノスパ前に根付いたアマモ7ポット

西浦で根付いたアマモ28ポット

 

を観察に、諏訪&上重そしてダイビングSHOP NANAのみなさん、山木さんと

行ってきてもらいました。先月の6月20日には、元気よかったアマモちゃんたちが、

全て確認できず、すべていなくなってしまいました。

 

電話が僕に入ったとき、なんともいえない喪失感でいっぱいになってしまいました。

海・自然を相手にしているから、もちろん毎月ドキドキで、なくなってしまっている可能性は

ありましたが、ここ最近、しっかりと根をはり、群生となり「力つよさ」を感じるくらいの

アマモに成長していたので、とてもショックでした。

 

後日、しっかりと写真でも報告しますが、

まずは、皆様にしっかり事実を報告いたします。

 

皆様と共に育て、多くの皆様の協力をえて、ここまでアマモちゃん達も頑張ってくれました。

本当に皆様に感謝です。ありがとうございました。

 

昨日は、やはりショックでしたが、当然あきらめません。

3代目も今、育てており、今回成功した場所・今までの経験をふまえ、

再度、秋くらいに植えます。

 

まだまだまだ始まったばかりです。

頑張りますので、よろしくお願いいたします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アマモ専門家 山木さんからのメッセージ

 

本日はお疲れ様でした。

 

江のスパ前、西浦共にアマモが消失しており、残念でした。

 

<江のスパ前>

前回(6月)は枠の中(波浪対策1号・2号)のアマモも消失していたそうですね。

設置した場所が、海中のコンクリートケーソンの間際だったため、ケーソンで反射した

波により底質が掘れたり、堆積し易いことが原因と考えられます。 

 

ブロックから一定距離を離隔させるとその影響は少なくなる傾向と考えられます。

 

また、枠の設置は、海底面から10センチくらい突き刺す形で設置をした方が良いかも

しれません。

 

今日の観察では、木くずの様なゴミの堆積が見られました。

また濁りも西浦より大きいようです。

これは、川から様々なものが流されてきて湾奥(江のスパ前)に堆積しています。

油が浮いているのも気になりました。

 

 

 

<西  浦>

消失した原因は、6月下旬〜最近の波浪によるものと考えられます。

 

一番最近は7/20頃に台風5号からの有義波で1m以上の波が長期に入っていたのが影響

しているかもしれません。特に、南西からの波なので、丁度西浦は影響が大きいです。

 

http://61.206.118.118.static.zoot.jp/index.html ←ここで波の情報が得られます。

 

615日ころにも全線通過に伴い、有義波で2m以上の大きな波が観測されていましたが、

これは逆向きの東からの波だったことから、影響が無かったのでしょう。

 

これからの時期、南西方向からの波は頻繁にあると思います。昨年秋〜春までは影響する

ような大きな波がなかった(奇跡的?)ので、アマモは順調に生育していました。

 

波さえよけられれば、生育できること、イカが卵を産むことがわかったのは大きな成果だと

思います。

 

次回はどこに植えるか・・・・もう少し深いところであれば波の影響は小さくはなります。

最大で水深4mくらいなら何とか育つはずです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

archives

links

search this site.