皆さんと種まきしたアマモの成長報告です。

2018年1月24日(水)

「海創造プロジェクト」のアマモの成長を葉山に見に行ってきました。

 

写真で、ご自分の種まきしたアマモの成長を是非、見てください。

4月下旬に西浦に植えますよ!!

 

カップに15粒のアマモの種を植えておりますが、

現在、発芽率30%くらいです。

 

まだ発芽前に出てくる「胚軸」(はいじく)のみが出ている人も沢山いました。

 

「胚軸」はアマモが発芽するまえに、白いヒゲのような糸のようなものが伸びてきて、土の上の状況を

把握し、発芽していいかどうかの判断をします。

 

「胚軸」くんが、OKとGOサインを出すと、アマモがでてくるのです。

 

1人1人のアマモの成長は違っており、これからの人、もうボーボーの人がいて、

面白いなぁ〜と思いました。

 

水温は10度くらいにしていました。

 

4月には、10僂らいに成長する予定です。

 

アマモは、水温の高温に弱く、夏場の水温はここ最近、2度ちかくあがっているために、

4月に植えるものと、

秋に植えるものを分けて植えることにしました。

 

4月には、72ポット(発芽率30%と考えて)4.5本×72ポット=324株のアマモを植える予定です。

秋には、残り約30ポット(発芽率30%と考えて)4.5本×30ポット=135株のアマモを植える予定です。

 

それでは、みなさんのアマモを上重泰秀カメラマンに撮影してもらったので、

見てください。

水からあげて撮影するのは、あまりよくないのですが、少し試みました。でも、やはり途中でやめて、

見にくいかもしれませんが、水面から撮影しましたので、お許しください。

 

皆さんのアマモを写真で観察してみてくださいね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DSC_1834.jpg

 

DSC_1836.jpg

 

DSC_1841.jpg

 

DSC_1843.jpg

 

DSC_1844.jpg

 

DSC_1846.jpg

 

DSC_1847.jpg

 

DSC_1850.jpg

 

DSC_1854.jpg

 

DSC_1856.jpg

 

DSC_1857.jpg

 

DSC_1867.jpg

 

DSC_1868.jpg

 

DSC_1876.jpg

 

DSC_1879.jpg

 

DSC_1883.jpg

 

DSC_1879.jpg

 

DSC_1883.jpg

 

DSC_1884.jpg

 

DSC_1885.jpg

 

DSC_1887.jpg

 

DSC_1889.jpg

 

DSC_1891.jpg

 

DSC_1892.jpg

 

DSC_1893.jpg

 

DSC_1894.jpg

 

DSC_1896.jpg

 

DSC_1903.jpg

 

DSC_1904.jpg

 

DSC_1909.jpg

 

DSC_1912.jpg

 

DSC_1913.jpg

 

DSC_1914.jpg

 

DSC_1915.jpg

 

DSC_1916.jpg

 

DSC_1922.jpg

 

DSC_1923.jpg

 

DSC_1924.jpg

 

DSC_1922.jpg

 

DSC_1923.jpg

 

DSC_1924.jpg

 

DSC_1925.jpg

 

DSC_1929.jpg

 

DSC_1935.jpg

 

DSC_1937.jpg

 

DSC_1938.jpg

 

DSC_1940.jpg

 

DSC_1941.jpg

 

 

DSC_1943.jpg

 

DSC_1944.jpg

 

DSC_1946.jpg

 

DSC_1948.jpg

 

DSC_1949.jpg

 

DSC_1949.jpg

 

DSC_1950.jpg

 

DSC_1952.jpg

 

DSC_1953.jpg

 

DSC_1954.jpg

 

DSC_1955.jpg

 

DSC_1956.jpg

 

DSC_1957.jpg

 

DSC_1958.jpg

 

DSC_1959.jpg

 

DSC_1961.jpg

 

DSC_1963.jpg

 

DSC_1964.jpg

 

DSC_1965.jpg

 

DSC_1966.jpg

 

DSC_1970.jpg

 

DSC_1971.jpg

 

DSC_1972.jpg

 

DSC_1973.jpg

 

DSC_1974.jpg

 

DSC_1975.jpg

 

DSC_1976.jpg

 

DSC_1980.jpg

 

 

DSC_1981.jpg

 

DSC_1982.jpg

 

DSC_1984.jpg

 

DSC_1985.jpg

 

DSC_1986.jpg

 

DSC_1987.jpg

 

DSC_1988.jpg

 

DSC_1989.jpg

 

DSC_1990.jpg

 

DSC_1991.jpg

 

DSC_1992.jpg

 

DSC_1993.jpg

 

DSC_1995.jpg

 

DSC_1996.jpg

 

DSC_1997.jpg

 

DSC_1998.jpg

 

DSC_1999.jpg

 

DSC_2000.jpg

 

DSC_2002.jpg

 

DSC_2004.jpg

 

DSC_2005.jpg

 

DSC_2006.jpg

 

DSC_2008.jpg

 

DSC_2010.jpg

 

DSC_2012.jpg

 

 

DSC_2015.jpg

 

DSC_2016.jpg

 

DSC_2017.jpg

 

DSC_2018.jpg

 

DSC_2019.jpg

 

DSC_2022.jpg

 

DSC_2024.jpg

 

また2月に見にいき、報告しますね。

 

アマモかわいいです。

無事に発芽して安心と感動でした。

 

すくすく育ってね。


アマモの種まきの報告です。

2017年12月2日(土)

「海さくら 海創造プロジェクト」の、アマモの種まきを実施しました。

 

IMG_7242.jpg

 

IMG_7378.jpg

 

海創造プロジェクトのホームページ↓

http://umisakura.com/enoshima/umisouzou/

 

アマモの種を採りにいき、

アマモの種を選別し、

そして、保存した種をポットに入れる作業を「アマモの種まき」といいます。

 

約20名の参加者の皆様と一緒に天気のいい中、実施させていただきました。

 

江の島の西浦に、タツノオトシゴがもどってくるためには、

 

水質の浄化

住まいとなる海の森が必要になります。

 

江の島の住民の皆様への聞き取り調査

住民の方への説明

アマモを採取する場所

アマモを育てる場所

一つ一つの挑戦を丁寧に超えてきて、先日の「種まき」までとなりました。

 

そして、先日、片瀬漁港の漁師の皆様への理解も得ることができ、

正式に西浦にアマモを植えるられることになりました。

 

「種まき」は、一つのポット(海に害なくとけていくもの)に、

砂を2/3入れ、そこに15粒のアマモの種をいれ、毛布をかけるように、

その上に砂をかけてあげます。

 

砂には海水を染み込ませながら作業しました。

 

ポットの数102個なので、

うまくいけば15粒×102個=1530本のアマモが育ちます。

 

ただ、すべての種が育つわけではないので、

そのあたりも観察していきたいと思います。

 

1月2月3月と定期的に観察しにいき、

ブログで状況を説明し、4月にみんなで西浦に植えたいと思います。

 

植えた後も、観察をし続け、共有していただけるように考えております。

 

西浦に植えたあとも、台風がきたり赤潮の発生なども含め、

長期戦と考えております。

海創造プロジェクトを監修してくださっている

神奈川県水産技術センターの工藤さんたちは、金沢八景にアマモを植えました。

 

しかし、度重なる台風で、何度もアマモは壊滅したそうです。

でもあきらめずに継続して、ついに「イカがアマモ場に卵を産んだのです」

イカに認めてもらえた!!とみなさん感動したようです。

 

今回の「種まき」までも2年ちかく、動いてきました。

これからも、あきらめないで、丁寧にコツコツとみなさんと一緒に観察し、

考え、改善しながら、

 

アマモが出す酸素により水質を浄化し、リンや窒素などを吸収もしてくれます。

そして、海の「ゆりかご」となり、タツノオトシゴも帰ってくることを願います。

 

ゴミは相変わらず、街からやってくるためにゴミの問題も継続し、

アマモちゃんはアマモちゃんでしっかりと育て、

今まで実施してきた「水質検査」で、リンや窒素、CODの数値がアマモを植えたことで

改善してくれば本当にうれしいですよね。

 

きっと僕らは海をキレイにすることが出来ると思います。

 

西浦のゴミ拾いあと、海が透明で、アマモが茂っており、その中に

魚たちが遊んで姿を防波堤から見ることができる日を想像しています。

 

今、LTO・BLUE SHIP・どすこい・ブルーサンタなど多くの方に「海のゴミは街からやってくる」ことを

伝えさせてもらえる環境にいます。

1年間で200万人くらいの方達に伝えられております。

 

この環境に感謝でいっぱいですが、この環境で出来ている「今」を本当に大事にしていきます。

 

その活動の過程は、みなさんと共に楽しく明るく実施し、

ゴミが減り、アマモが増えて、タツノオトシゴが戻ってきたときに、

皆さんと一緒に、感動して涙も共有したいです。

 

どうぞまだまだこれからですが、

よろしくお願いいたします。

 

 

IMG_6976.jpg

 

IMG_6981.jpg

 

IMG_6984.jpg

 

IMG_6986.jpg

 

IMG_6987.jpg

 

IMG_6991.jpg

 

IMG_6995.jpg

 

IMG_6996.jpg

 

IMG_6997.jpg

 

IMG_6998.jpg

 

IMG_6999.jpg

 

IMG_7000.jpg

 

IMG_7003.jpg

 

IMG_7004.jpg

 

IMG_7005.jpg

 

IMG_7009.jpg

 

IMG_7015.jpg

 

IMG_7019.jpg

 

IMG_7020.jpg

 

IMG_7025.jpg

 

IMG_7027.jpg

 

IMG_7029.jpg

 

IMG_7031.jpg

 

IMG_7033.jpg

 

IMG_7035.jpg

 

IMG_7036.jpg

 

IMG_7040.jpg

 

IMG_7041.jpg

 

IMG_7051.jpg

 

IMG_7056.jpg

 

IMG_7064.jpg

 

IMG_7067.jpg

 

IMG_7068.jpg

 

IMG_7069.jpg

 

IMG_7071.jpg

 

IMG_7072.jpg

 

IMG_7073.jpg

 

IMG_7074.jpg

 

IMG_7075.jpg

 

IMG_7076.jpg

 

IMG_7079.jpg

 

IMG_7083.jpg

 

IMG_7084.jpg

 

IMG_7087.jpg

 

IMG_7088.jpg

 

IMG_7090.jpg

 

IMG_7091.jpg

 

IMG_7093.jpg

 

IMG_7094.jpg

 

IMG_7098.jpg

 

IMG_7099.jpg

 

IMG_7100.jpg

 

IMG_7101.jpg

 

IMG_7104.jpg

 

IMG_7105.jpg

 

IMG_7106.jpg

 

IMG_7109.jpg

 

IMG_7110.jpg

 

IMG_7111.jpg

 

IMG_7112.jpg

 

IMG_7113.jpg

 

IMG_7114.jpg

 

IMG_7115.jpg

 

IMG_7116.jpg

 

IMG_7117.jpg

 

IMG_7119.jpg

 

IMG_7120.jpg

 

IMG_7122.jpg

 

IMG_7123.jpg

 

IMG_7124.jpg

 

IMG_7125.jpg

 

IMG_7132.jpg

 

IMG_7133.jpg

 

IMG_7134.jpg

 

IMG_7135.jpg

 

IMG_7136.jpg

 

IMG_7137.jpg

 

IMG_7138.jpg

 

IMG_7139.jpg

 

IMG_7143.jpg

 

IMG_7144.jpg

 

IMG_7146.jpg

 

IMG_7147.jpg

 

IMG_7148.jpg

 

IMG_7149.jpg

 

IMG_7150.jpg

 

IMG_7151.jpg

 

IMG_7189.jpg

 

IMG_7190.jpg

 

IMG_7191.jpg

 

IMG_7216.jpg

 

IMG_7217.jpg

 

IMG_7218.jpg

 

IMG_7225.jpg

 

IMG_7228.jpg

 

IMG_7237.jpg

 

IMG_7242.jpg

 

IMG_7244.jpg

 

IMG_7251.jpg

 

IMG_7252.jpg

 

IMG_7253.jpg

 

IMG_7254.jpg

 

IMG_7274.jpg

 

IMG_7276.jpg

 

IMG_7277.jpg

 

IMG_7278.jpg

 

IMG_7280.jpg

 

IMG_7283.jpg

 

IMG_7290.jpg

 

IMG_7296.jpg

 

IMG_7298.jpg

 

IMG_7299.jpg

 

IMG_7302.jpg

 

IMG_7314.jpg

 

IMG_7319.jpg

 

IMG_7324.jpg

 

IMG_7327.jpg

 

IMG_7328.jpg

 

IMG_7335.jpg

 

IMG_7345.jpg

 

IMG_7349.jpg

 

IMG_7350.jpg

 

IMG_7352.jpg

 

IMG_7358.jpg

 

IMG_7359.jpg

 

IMG_7360.jpg

 

IMG_7368.jpg

 

IMG_7373.jpg

 

IMG_7374.jpg

 

IMG_7378.jpg

 

IMG_7379.jpg

 

IMG_7380.jpg

 

IMG_7381.jpgIMG_7381.jpg

 

IMG_7382.jpg

 

IMG_7385.jpg

 

IMG_7393.jpg

 

IMG_7394.jpg

 

IMG_7395.jpg

 

 

24337214_1564235680309448_671792635_n.jpg

池田さん夫妻にいただきました。

古澤の挑戦 焼酎!!

ありがとうございました。

 

17-10-28-13-58-46-277_deco.jpg


アマモの種を選別 

7月24日(月)に、水槽の中で枯れ始めているアマモの様子を見にいきました。

 

そして、9月2日(土)は、

水槽に入れたアマモちゃんは、枯れきっており、

花枝からは、種が水槽の底に落ちている状態となりました。

 

本来、自然界に生えているアマモちゃんの種は、

海底の砂地に落ちて、少し、土の中でお休みしており、冬から春にかけて芽を出していくのです。

 

今回は、

 

☆水槽の下にたまっている種を拾い集めること

☆拾った種をピンセットで集めること

☆集めた種を保管していくこと

 

を実施しました。保管した種は、12月か、来年の1月に種うえをして、

鹿島様の水槽である一定の大きさまで育てて、来年、西浦に植える予定です。

 

それでは、9月2日(土)のアマモちゃんの様子を

上重泰秀(じょうじゅう やすひで)カメラマンの写真と共に報告したいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DSC_7925.jpg

海創造プロジェクトを海さくら社員や、海さくらスタッフと共有するために、

なるべくみんなを連れて行きました。

まずは、山木さんから、再度、アマモについて、教えていただきました。

 

DSC_7930.jpg

 

DSC_7935.jpg

採ってきたアマモちゃんの水槽を覗きこみました。

 

DSC_7937.jpg

山木さんです。

 

DSC_7938.jpg

さぁ、アマモちゃんは、どんな状態になっているのか!?

 

 

DSC_7939.jpg

あの緑色のアマモちゃんは、腐って海底に溜まっていました。

 

DSC_7940.jpg

この水槽の底に本当に種があるのだろうか!?

この時点では、わかりません。不安がありました。

 

DSC_7947.jpg

上記の2段になっている特殊なザルで、水槽の海水を抜きながら、このザルで種を集めます。

 

DSC_7948.jpg

ザルが2段になっているのは、大きなゴミを上段でキャッチし、下段でアマモの種をゲットするためです。

 

DSC_7949.jpg

 

DSC_7951.jpg

上段部分のザルです。網目が大きいのです。

 

DSC_7953.jpg

上段のザルの編み目

 

DSC_7954.jpg

下段のアマモちゃんをキャッチする編み目。細かいですよね。

 

 

DSC_7956.jpg

ホースをつかい、水槽の水をザルに入れていきます。

 

DSC_7957.jpg

竹ちゃん先生も少し興奮気味!笑

 

DSC_7958.jpg

 

 

DSC_7959.jpg

大きなものは、大きな網ですくい上げます。

 

DSC_7961.jpg

 

DSC_7970.jpg

 

 

DSC_7986.jpg

大きな網を持つと、私、少しイタズラをしたくなったのですが、抑えました。

海さくら社員たちを捕まえようとしました。でも、我慢しました。もう大人だから・・・

 

DSC_7992.jpg

大きな網では、このようなアマモの大きな部分をとったのです。

 

DSC_7996.jpg

とても愛着があるアマモちゃんの種が一粒でも見逃さないように、最後の最後までホースで

水槽の底をなめるように海水を吸い上げ、ザルに海水を送りました。

 

DSC_8000.jpg

ナメクジみたいな、海牛くんも発見!!

かわいいのです。

 

DSC_8002.jpg

 

DSC_8006.jpg

 

DSC_8010.jpg

 

DSC_8018.jpg

 

DSC_8021.jpg

私の手の甲の毛、通称:手毛(てげ)を海底の森と間違えたミニチュア海牛くんは、

気持ちよさそうにしていました。そして、よく私を見ては、お辞儀してくれたのです。

 

DSC_8027.jpg

こんにちわ!って言っているみたいですよね。笑

 

きゃわいいーーーーーー!!笑

 

DSC_8033.jpg

途中から水槽の海牛探しを始める女性陣!!

 

DSC_8035.jpg

 

 

DSC_8047.jpg

アマモの種はあるかな〜!?

 

DSC_8055.jpg

 

DSC_8057.jpg

たーーーーくさん、入っていました!!

 

DSC_8060.jpg

わぁーーーー!!少しわざとらしい表情で、すみません。

でも、本当にうれしかったです。

 

DSC_8069.jpg

海水でアマモの種を一粒も残さずに、集めます。

 

DSC_8072.jpg

 

DSC_8076.jpg

 

DSC_8079.jpg

みんな真剣!!

 

DSC_8080.jpg

 

 

DSC_8084.jpg

 

DSC_8089.jpg

 

DSC_8095.jpg

集めたアマモの種を覗きこんでいます。笑

 

DSC_8096.jpg

アマモの種以外のものも入っているので、これをピンセットで種だけを採取するのです。

 

DSC_8098.jpg

 

 

DSC_8103.jpg

 

 

DSC_8104.jpg

 

DSC_8107.jpg

 

 

DSC_8110.jpg

 

DSC_8118.jpg

 

DSC_8120.jpg

種わかりますよね?黒いお米みたいなものが、アマモの種です。

 

DSC_8123.jpg

ピンセットで種だけ取ります。

 

DSC_8124.jpg

 

DSC_8125.jpg

 

DSC_8127.jpg

 

DSC_8128.jpg

 

DSC_8129.jpg

 

DSC_8130.jpg

けっこう楽しいのです。真剣になりますし、無心になります。

よーく見ると、ゴカイの赤ちゃんや、気持ちが悪い奇妙な生き物もいるのです。

面白すぎです。こんな世界でも必死に生きている生き物がいるのです。

 

DSC_8132.jpg

 

DSC_8134.jpg

 

DSC_8135.jpg

 

DSC_8139.jpg

 

DSC_8140.jpg

 

DSC_8141.jpg

 

DSC_8146.jpg

 

DSC_8147.jpg

 

DSC_8149.jpg

 

DSC_8155.jpg

 

DSC_8157.jpg

 

DSC_8158.jpg

 

DSC_8159.jpg

 

DSC_8162.jpg

 

DSC_8167.jpg

 

DSC_8171.jpg

気持ちが悪い生物を発見!!それをぶん君にあげようとしました。

 

DSC_8170.jpg

 

DSC_8173.jpg

 

DSC_8174.jpg

喜んでいるのか!?嫌がっているのか!?

とにかく楽しかったです。

 

DSC_8178.jpg

 

DSC_8179.jpg

 

DSC_8180.jpg

 

DSC_8181.jpg

 

DSC_8182.jpg

 

DSC_8185.jpg

 

DSC_8186.jpg

 

DSC_8193.jpg

 

DSC_8200.jpg

 

DSC_8201.jpg

みんなで集めたアマモの種を一つのシャーレにまとめます。

 

DSC_8207.jpg

 

DSC_8209.jpg

 

DSC_8215.jpg

アマモの状態を顕微鏡で確認!!

 

DSC_8216.jpg

 

 

DSC_8217.jpg

 

DSC_8218.jpg

 

DSC_8224.jpg

 

DSC_8226.jpg

アマモの種を海水に再度入れると、元気のないアマモの種は浮いてきてしまうのです。

 

それを取り除きます。

 

DSC_8232.jpg

 

DSC_8234.jpg

 

DSC_8235.jpg

 

DSC_8237.jpg

 

DSC_8239.jpg

 

DSC_8242.jpg

 

DSC_8248.jpg

下に残ったアマモを保管します。

 

DSC_8251.jpg

 

DSC_8252.jpg

保管完了!!これで、少しアマモの種ちゃん鹿島さんで、しばらく

「おやすみ」してもらいます。

またね!!

 

DSC_8257.jpg

アマモがすでに植えてある水槽の見学!!

 

DSC_8263.jpg

山木様、鹿島の皆様、ありがとうございました。

 

こうして、無事に種を採取でき、選別することができました。

 

種うえのときは、みなさんと一緒に実施したいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。


アマモの種の観察

先日(7月6日)にアマモの花枝を採りにいき、

鹿島建設(株)技術研究所 葉山水域環境実験場の山木さんのところに

運びました。

 

そして

本日、2017年7月24日(月)に

水槽に入れた「アマモちゃんの花枝」を観察に行ってきました!!

 

海水を循環させている水槽で、

花枝は枯れ始めており、種が水槽の底に落ちます。

 

本来は、海底の砂地におち、波により土の中に入り、

寒くなってきたら、芽を出すのです。

 

色が緑から、変化していますよね。

 

 

緑色していたアマモちゃんが、枯れています。これでいいのです。

 

海水が出ていますね。

 

花枝には雄蕊もあるようです。それがこれです。わかりにくいですね。すみません。

 

 

 

 

水槽の底の種をチェックです。

 

あるかな〜!?

 

あった〜!!

 

 

 

きゃわゆい!!スギョイ!!笑

 

 

 

 

 

 

顕微鏡でみると、アマモの種は横にしま模様があります。

これがあることで、波にゆられ、土の中に埋まっていくのです。

 

9月上旬に

水槽の下にたまった種を集めにいきます。

 

またその日は、コチラのブログでご案内しますね。

みんなで種を集めて、そして、育てましょうね!!

 

もうアマモちゃん、かわいい!!笑


アマモの種を採りに小坪へ

2017年7月6日(木)

アマモの種を採りに小坪に行きました。

 

 

海さくらの最大目標は、海をキレイにして、かつて江の島に多く生息していた

タツノオトシゴを戻すくらい海をキレイにする!!です。

 

12年間、ゴミ拾いを中心に人間の生活と海・自然環境の繋がりを

伝えようとしております。

 

活動10年目、ゴミや人間の生活といった車輪だけを回すのではなく、

海の中の様子も今まで以上に想像し、伝えていき、藻場をつくり海を浄化し、

そして、藻場に多くの生物が戻ってこれるように、頑張ることを決めたのです。

 

それが、

 

「海さくら 海創造プロジェクト」です。

 

http://umisakura.com/enoshima/umisouzou/

 

上記のHPを見ていただき、読んでいただきたいのですが、

 

海の中、自然の生物連鎖など、本当に海は繊細でもあります。

 

なので、2年間、江の島の住民の皆様にお話を聞いたり、

神奈川水産技術センターの工藤様や、色々な方達のところに勉強に行かせていただきました。

 

アマモには遺伝子があり、我々はその遺伝子を大切に考え、

アマモの移植ではなく、育ててから植えるという選択をしました。

 

そして、昨日

アマモの達人、松永さんと一緒に小坪で大切に育てられたアマモの種を

採取させていただきに行きました。

 

例年より水温があがらず、アマモの種の採取は、例年にないくらい不作とおっしゃっていました。

 

ダイビング初心者の私と石合と2人で採取し、

上重泰秀(じょうじゅう やすひで)カメラマンが私達を撮影してくれました。

 

下記の写真を見ながら説明させていただきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小坪マリーナの松永さんは、相模湾で藻場をつくり、

海の浄化と魚が戻って来れるように色々と活動されてきた方です。

まずは、再度、お勉強会!!

 

 

 

 

 

規格外の大きさの私です。ウエットスーツ一番大きいのをお借りしたのですが、

キツイのなんの!!

もっと痩せることを決意しました。

汗も出まくっていました。笑

 

 

 

そして、タンクやレギュレーターをつけて、船にむかいました。

 

 

松永さんは、サーファーみたいな容姿ですが、サーフィンはしないようです。笑

 

汗がとまりませんでした・・・

 

 

 

 

限界・・・暑い・・・・笑

 

 

 

 

 

 

約30分間水中で、アマモの種を採るのですが、花枝を見つけるのがよくわからなく、

水中で、私と石合は、苦戦していました。花枝があっても、熟したいい状態の種をとってくれ!!

の指令もあり、ますます水中で困っていました。

 

本来、多くの皆様と一緒にアマモの種を採りたかったのですが、

アマモの遺伝子は、相模湾産がいいということと、小坪のアマモが強いという山木さんの判断で、

潜らないと取れない場所を選択。今回は、私達がみなさまの代表で潜って採取したのです。

 

潜って、最後のほうに花枝を探すコツがわかってきました。

 

花枝に「アマモの種」がついているのですが、それを抜くのにも気をつかいました。

根から引っこ抜いてはいけないのです。正直、何本か根から引っこ抜いてしまいました。

 

水中で「NO−−−−−−−−−−−−−−ぉ!」と叫んでしまいました。

 

(水中の写真は後日アップします)

 

 

 

無事に帰還しました。

アマモ場は、生物の棲家ですが、生物を見る余裕はゼロでした。笑

 

 

採った「アマモの花枝」です。

 

さぁ見えますか?この花枝に「種」が入っているのです。

 

見えましたよね?これが、種です。

 

種は、とっても可愛かったです。

 

大切な大切な種です。

 

 

桟橋の下にアオリイカの赤ちゃんたちが泳いでいました。

アマモ場があるから、生まれたのです。可愛かった〜!!

僕らも頑張りましょう!!

 

 

 

アマモの花枝を再度、チェック!!

 

 

 

 

熱い気持ちを我々に注入してくれました。

 

採ってきたアマモの花枝を鹿島建設(株)技術研究所 葉山水域環境実験場の山木さんのところに

運びました。

 

山木さんのところで、ある程度まで育ててもらいます。

 

 

 

アマモの花枝についていますゴミなどを水で洗います。

 

 

洗ったアマモをこの大きな水槽(海の水)に入れます。

太陽を取り込みすぎないような環境にするために、黒い編みをかけます。

 

 

 

 

 

この水槽に我々のアマモの花枝を入れます。

 

 

先ほど、水で洗ったアマモに重りをつけます。10本くらいの束にしてから、「おもり」をつけます。

 

 

 

 

 

おもりです。

 

 

 

そして水槽へ

 

 

 

 

 

これであと1か月くらいすると、花枝から種が下に落ちます。

その「種」を一か月後に、拾い集めるのです。その時は、みなさん、一緒にやりましょうね!!笑

 

今回の作業はここまでです。

 

1か月か2か月後に種を集めたら、その種を保存します。

そして9月か10月にその種をポットにいれます。

そして、鹿島建設で育て、来年の4月くらいに西浦に植えるのです。

 

100ポットを植えられるように進めております。

自分のアマモとして、みなさんと植えたいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実際に以前に種をまき、ポットで育っているアマモちゃんです。

 

こうやって丁寧に育ててくれるのです。

 

この海創造プロジェクトも進化させていきます。

自分達の家でも育てられるようにしたり、どんどん勉強していきます。

今年は、先生達に沢山勉強させていただきながら実施いたします。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

archives

links

search this site.